2020年2月24日月曜日

ミドリムシシンポジウム終了。緑のネクタイも健在だった。

先週の水曜日、2/19に日経ビジネスイノベーションフォーラム 「ミドリムシが切り拓くバイオの世界」が行われた。

ミドリムシ(ユーグレナ)に関する明治大学xユーグレナ社x日経新聞社のコラボ企画である。

明治大学のHPからも配信されている。

駿河台キャンパスで行われたシンポジウムは、18時から。しかし、事前の準備があったので、昼過ぎには駿河台キャンパスへ。事前に有名カレー店であるエチオピアで腹ごしらえ。

開催前に広報課、学長室で打ち合わせ。学長室には初めて入った・・・。

シンポジウムは、18時開演。関係者席には、今回の話の中心となる、1期生Tさんのご両親もいらしていた。また、私のALCAチームの代表の一人であるいであ株式会社Mさんや、何度か打ち合わせをしている企業の方もいらしていた。

明治大学土屋学長の挨拶の後、自分のプレゼン。20分間。



大学教育ランキング
冒頭から、現在のこのブログランキングの報告というフェイントをかけた入り方。。

学長を前にして、そんな冗談も自由に飛ばせる素晴らしい環境である。。

自分の発表の次は、ユーグレナ社の出雲社長の発表。もはや説明不要の有名人。。緑ネクタイは健在。流石のプレゼンテーション。やはり上に立つ人で、プレゼンが苦手というのはありえない気がする。うーん、本当にお話が上手であり、引き込まれる。魅力というか魔力がある。

休憩の後は、1時間のパネルディスカッション。
土屋学長、自分、出雲社長、そしてユーグレナ社創業者の一人である鈴木健吾さんの4人。さらに司会として日経サイエンス発行人の鹿児島さんが参加した。

話としては、自分と鈴木さんの出会いから始まったユーグレナ研究についてがディスカッションの最初。その後は、出雲社長による「どのようにして大学発のベンチャーを増やしていくか」や、学長による「目先に囚われない環境コストを考えた長期戦略」のお話などが聞けた。

自分としては、あっという間の1時間だったのだけれど、はたして。


会議の終了後は、しばらく談笑。こちらの写真は、左から、ユーグレナ社鈴木さん、出雲社長、本学副学長牛尾先生、自分、日経サイエンス鹿児島さんである。



だいぶ遅い時間だったけれど、帰りに出雲社長、鈴木さんと3人でホルモンを食べて帰る。ちなみに全員同い年。なので、気楽である。。

それにしても、軽い気持ちで始めたユーグレナ研究が、学長や日経新聞社を巻き込んだシンポジウムが開催されるまでに到るなんて、感慨深い。でも、こういうシンポジウムをしたからには研究を進めなければという責任もある。

シンポジウムで宣伝も大事だけれど、やはり研究は中身。楽しい会が終了したので、研究に戻りたいと思う。


ということで、話にも出てきたクリックのご協力をお願いします。。。

学問一般ランキング

2020年2月23日日曜日

修論発表終了。最後は卒論発表会

昨日、一昨日の2日間で開催された農芸化学専攻の修論発表会が終了した。

これまでにも書いているが、内部進学だと修士修了時には4年間の研究なので、なかなか研究のレベルも高い。就活があって、実質1年くらいだとなかなか研究成果も出にくいので、やはり修士まで進むとかなり研究ができる。

ラストはいよいよ卒論発表会。今週行われる。

ただし、本学科の場合は、卒論発表会自体は単位にはなっていない。卒業研究は単位だけれど、必須にはなっていない。すなわち、研究室に所属せずに講義や実習だけでも卒業をするという選択肢がある。

ほとんどの学生は研究室に所属するけれど、例えばスポーツとの両立が難しかった、研究室であまりうまくいかなかった場合にも選択肢が与えられている。

ただ、今年の卒論発表会は、コロナウイルスのせいではたしてどうなるだろうか。卒論発表会の後には、全研究室が集まる懇親会があるのだけど、開催が微妙なところである。

何にもなしで卒業というのもやや寂しい気もするけれど、病気が拡大しない方が最優先だと思うので、今後の決定を待ちたいと思う。


追記
※懇親会は中止になりました。


ブログランキング参加中です!クリックをぜひ。。

大学教育ランキング

2020年2月22日土曜日

進路は、アカデミックか民間企業か?

現在、研究室でテクニカルスタッフを募集中である。

大袈裟かもしれないけれど、人を雇用すると、少なからずその人の人生を変えることになる。本人次第の部分もあるとはいえ、はて本当に雇用してその人の人生に関わってしまってよいのかと考えることもある。なので、今回のJREC-INの登録も、最後の登録ボタンを前に10分間くらい悩んでいた。。

人によるのでどのような経歴が良いとは言えない。しかし、これまでの採用例で割とうまくマッチした例として多いのが、一度民間企業にいたことがある人である。

アカデミックが良いか、民間企業が良いかという議論は尽きず、結局はマウンティング合戦になってしまい、感情論で終わってしまうことも多い。そもそもその人次第なのだからあまり意味のない議論とも言える。

では、なぜ一度民間企業にいた人がこれまでうまくマッチしたのか。

「民間企業にいた人は、社会経験があるから」「大学だけだと社会を知らないから」なんていう意見ではない。これを言う人は、大抵大学に嫌な思い出があるか、根拠のないマウンティングをしたがる人なのであまり好ましくない。

理由は簡単で、大学(アカデミック)を卒業・修了して民間企業に移り、民間企業が合う人はそのまま働き続け、合わないと思う人が応募してくるからである。つまり、両方経験した上で、アカデミックを選んでいるからである。

一方、アカデミックだけの場合は、本当に好きな人もいれば、就活がうまくいかなかった人、あまり進路を考えずにそのまま来た人などが混在している。なので、すごい人もいれば、実は研究とか全く好きでない人も混ざっているという印象である。

ということで、経験上、民間企業を経験して戻って来たいという人は、印象が良い。

ただし、ではアカデミックだけの人がダメかというと、そんなことはない。むしろ、迷わずにアカデミックで研究だけに集中している人は、ずっとその道で鍛えられているので、やはり一番だと思う。アスリートだって職人だって、本当の世界のトップは、その道一筋であることがほとんどだと思う。

ということで、少ない事例ではあるけれど、
民間企業を経験してアカデミックに帰って来た人 
→総じて研究室での活躍の可能性が高い。

アカデミックを続けている人
→かなり個人による差が激しいが、トップ層は一騎当千

という感じである。「いや、そんなことはない」と言わるかもしれないが、自分の周りを見てなんとなく感じているだけだし、結局個人の問題なので絶対正しいとは思っていない。

と、なんかこんなにごちゃごちゃ書きまくっていたら、応募しにくい気がしてきた・・・・



最初の採用関連ブログでも書いたけれど、結局一緒に長く働いている人は、縁だと思う。情報をいっぱい提供しているけれど、はっきり言って働いてみないと合うか合わないかわからないと思うので、応募を考えている方はぜひ気軽にご応募ください。断ることがあっても、うちに合わないかもと直感で思ってしまったということなので、人格否定、キャリア否定とは思わないでいただけると幸いです。


↓シンポジウムでも紹介したランキング。クリックのご協力をお願いします。
大学教育ランキング

2020年2月21日金曜日

インプットがないのにアウトプットは出せない。要するに焼肉。

すごく当たり前なのだけれど、インプットがないのにアウトプットが出せるはずがない。無から有を作り出すことはできない。

人間もインプットとして食べ物を食べなければ、元気に活動をすることはできない。光合成をできるわけではないので。

疲れやすい人にはいろいろ原因があると思うが、無理にダイエットをしていたり、栄養にならないようなものを食べてしまったりしていることが多い。インプットがないのに、頑張って働くことは不可能なのだけれど、意外に忘れてしまうことも多い。

ということで、よくわからない前置きはさておき、この最も忙しい季節に元気を出すために焼肉を食べに行った。

上はタン塩で下はロース。少し高めの焼肉店に行った(叙々苑と同じくらい)。

焼肉って、インパクトがすごい。脂がたっぷりで、「今日は焼肉を食べた!なんか贅沢した」という印象が強く残る。脂っこいので、しょっちゅう食べるものではないと思うけれど、たまに食べるとすごく印象が強い。
こちらはカルビ。脂はさらにすごい笑。でもインパクトもすごい。やはり焼肉の王様である(←適当)。


そして、焼肉にはマッコリ。甘いお酒が塩辛い焼肉にぴったり。

ということで、忙しい時こそ、しっかり食事を食べることを欠かさないようにしている。単に食べるのが好きなだけだが。。。


↓しっかり食べて、大学で勉強と研究!クリックをお願いします。。

大学教育ランキング

2020年2月20日木曜日

2月ラストスパート。研究のやる気もみなぎる!?

昨日は、日経新聞社主催のミドリムシシンポジウム。本学の土屋学長、ユーグレナ社出雲社長、鈴木健吾さん(創業者の一人)という豪華メンバーでの会だった。こちらの様子はまた後日ゆっくりとブログに。。

2月は息つく暇もなく、修論発表会、卒論発表会へと突入していく。

忙しいけれど、たまにこうした外部の方々との接点ができると、非常に研究意欲が湧く。家と職場(研究室)という同じ場所を行き来していると、いつの間にか飽きが来てしまう。自分では頑張っているつもりでも、効率がいつの間にか下がっていたりする。

忙しいとついつい外部との接点を減らしてしまいがちなのだけれど、少し外に出るととても気分は晴れやかになる。

気分だけでなく、食事もしっかりと。シンポジウムの前には、神保町でいつものカレー。エチオピアという超有名店。
今回はお手伝いにテクスタSさんを連れて行ったので、一緒にカレーを食べる。スパイスでしっかりと体を温めて、身も心もしっかりと忙しい時期に備える。基本中の基本だけれど、日々忙しいとつい忘れてしまいがちである。

ということで、今日のブログは短め。そう言いながらも流石に疲れたけれど、、修論の副査(他の研究室の修論の評価)を進めなれば・・。


昨日のシンポジウムでも話に出て来たブログランキングです。。ご協力お願いします!

大学教育ランキング

2020年2月19日水曜日

2020年度採用のテクニカルスタッフの募集について No.2

当研究室では、2020年の4月または5月から働いてくれるテクニカルスタッフを募集しています。

JREC-INに、2020年度採用のテクニカルスタッフの公募情報が掲載されました。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D120020836&ln_jor=0

募集期間が短いので来ないかもしれませんが・・

SNSや研究室のHPで色々と情報を発信していますが、うちの研究室でテクスタをするメリット、デメリットを列挙します。

◯メリット◯
1. 環境やバイオ、生物工学に関する基礎と応用研究に参画できる
JST-ALCA、新学術だけではなく、企業とも連携をしているので、基礎・応用の両面で環境やバイオに関連する研究ができます。社会に求められている仕事なので、夢はあると思います。

2. 微生物の実験、生化学、代謝解析などの実験なので、時間に融通が効く。
培養細胞のように短期間での植え継ぎはありません。シアノバクテリアはフリーズストックが作れますし、他の藻類も2、3週間に1回植え継ぎでしょうか。生化学や代謝解析は、都合が悪ければ違う日に仕事を移せます。

3. 動植物の実験でアレルギーになった人でも可能
こちらはシアノバクテリアの培養写真。きれいです。。毒性もありません。
動物、植物の実験を長年続けると、少なからずアレルギーになる方もいるようです。微生物実験や生化学などの仕事なので、これらの心配は入りません。また、解剖などの実験が苦手という人にもおすすめです。

4. 学生たちの雰囲気が良い
自分の性格は自分では言い難いですが・・・。特にうちの研究室の場合、学生が大勢いて、雰囲気はどうなのか?と心配する人も多いです。うちの学生たちですが、一言でいうと、とても育ちが良いです。個性は本当に豊かですが、基本的にすごく素直な気がします。学生たちとうまくできるかなという心配は、杞憂に終わると思います。

5. ボス(自分)が時間と労力の無駄が嫌い
夜遅く働いたり、休日に働いたりすると偉い、早く帰るとどんなに成果を上げてもサボっているとみなされる、などの価値観が現代でもまだまだ残っています。自分は、こういうのが嫌いなので、いかに時間と労力を減らして、最大限の成果を挙げるかばかり考えています。

◯デメリット◯
1. 場所が狭い
すみませんが、デスク・ベンチは共通です。こればかりはなんとも・・・。ベンチャーでも立ち上げたらまた変わるかもですが・・。

2. 単年度契約
外部資金なので、雇用は安定的ではありません。頑張って継続的にしたいところですが、こればかりは安易に保証できません。がんばりますが・・

3. 仕事内容が、その時の状況でかなり変わる
大人数で研究を進めており、時にあるテーマが非常に進むことがあります。そのような時にはテクニカルスタッフなどを投入して一気に進めたりします。なので、1つの仕事をルーティーンで進めるという感じではないと思います。経験はいりませんが、考える力は必要です。

と、こんな感じでしょうか。正直、主観なのでメリットがどうしても多くなってしまいますが💦

ちなみに、話に出てこなかった給料に関しては、メリットにもデメリットにもなります。複数年働くとわかります。

質問がありましたらメールでお問い合わせください。


ブログランキング参加中です。
大学教育ランキング

2020年2月18日火曜日

2020年度採用のテクニカルスタッフの募集について

2/19付けのJREC-INに掲載されますが、当研究室(環境バイオテクノロジー研究室)で、4月 or 5月勤務開始のテクニカルスタッフ(研究支援者)を募集いたします。

JREC-INに記載予定の情報(抜粋)です。
[機関の説明]
環境バイオテクノロジー研究室では、シアノバクテリアやユーグレナなどの微細藻類の研究を行なっています。遺伝子や酵素の研究を行い、バイオプラスチック原料や食品関連化合物の生産を目指しています。
科学技術振興機構JST-ALCAのプロジェクトに参画して頂く予定です。
https://www.jst.go.jp/alca/kadai/prj_12.html

[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
1. シアノバクテリアやユーグレナの培養
2. 酵素の生化学
3. 代謝産物の分析
4. エクセルを用いたデータの集計、パワーポイントによる図表の作成
5. 研究室一般の業務
6. 研究室のアシスタント業務

[勤務地住所等]
神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1

応募方法ですが、
1. 履歴書(写真貼付)
2. 応募理由 A4 1~2ページ

全てフォーマットは自由。PDF化したのち、下記のアドレスにメールで送付。
tosanai at meiji.ac.jp(atを@) 
です(応募者の負担はそれほど多くないかと思います)。
締め切りは2/29です。

書類選考の結果はメールで連絡し、選考通過者に面接。
面接通過後は、学位記のコピーなどの採用書類を揃えて教授会を通す必要があるため、4月採用を希望の場合はお早めにご応募ください。


ここからはJREC-INには載らない情報です。
1. ガチ公募
2. 応募資格がいくつか書いてありますが、割と柔軟です。でも、うちの研究に従事したい人が希望です(当たり前・・)。
3. アシスタント的な仕事を探している人も応募して下さって結構です(その旨をお書きください)。ただ、完全にデスクワークだと、業務量的に時間が空いてしまいます。未経験でも少し実験をすると、きっと楽しいと思います。
4. 労働時間は応相談です。
5. 給与に関しては、書類選考通過後、面接前にメールでお伝えします(プライバシー保護、いたずら防止のため)。その後、面接で相談して決定します。


また、簡単な書類とはいえ、応募にはご負担がかかると思います。あらかじめ今回の公募で希望する方、しない方を列挙しておきます。

希望する方(どれか1つ以上に当てはまれば結構です)
◯バイオ、農学、環境などの研究に興味がある方
◯時間できっちり働きたい方(無駄な残業などが嫌いな方)
◯企業に就職したけれど、アカデミックの研究がやっぱり好きかもと迷っている方
◯エクセルやパワポが得意な方
◯マニアックな機器・実験装置の説明書を読むのが苦でなく、むしろなんかワクワクしてしまう方
◯周りと喧嘩しない方

希望しない方
◯別の研究室に所属しているけれど、博士号を取るまでテクスタと両立したい方
◯裁量労働制を希望の方

最後になりますが、昨年の初めに行った公募では1名がテクニカルスタッフとして採用されました。公募倍率は確か7〜8倍でした。

公募はあくまでマッチングであり、人物の評価、ランク付けではありません。その時の状況に合った方が採用されており、お断りした方々にはすごく優秀な方々がたくさんおりました。しかし、こちらのスペースがない、待遇が用意できない、この方だとうまいキャリアパスが描けないかもしれないなどの場合もお断りしています。かなり縁の要素も強いので、お気軽にご応募いただければ幸いです。

長くなりましたので、当研究室のメリット、デメリットは後日更新します。